音声ナビによる料理サポートアプリFamCook

【無料】パパ料理スキルアッププログラム概要<締切>
2019年12月12日(木)12時更新
*プログラムエントリー誠にありがとうございます。おかげ様で37名の皆さまが参加。ジップロック・サランラップ等商品は、本日発送。明日以降順次お手元に届きます。

料理サポートアプリ「FamCook」×旭化成ホームプロダクツ 「共働きファミリー応援!トモショクプロジェクト」の一環で行う実証実験です。

FamCookのアプリを使って、自宅のキッチンで、プログラム参加者が家族のために料理を作ってもらいます。

音声ナビによる料理サポートアプリ「FamCook」に、共働き家族の料理を夫婦で担うために、父親向けに料理サポートを行うプログラムを用意しました。

各家庭、個人の料理課題に対応した献立プランを家庭でFamCookを利用しながら作り、料理写真とともに感想ををフィードバックしてもらうことで、料理力アップにつなげます。

その結果をもとに、FamCookのサービスを開発を行い、父親の料理力の底上げを行い、令和時代にあった共働き家族の料理シェアに関する課題を解決するプログラムにします。

テスト段階のため、アプリやオペレーションに不具合が出てくる場合がございますが、テストを重ねることで、よりいいサービスの開発に取り組んでまいります。

食卓での家族の笑顔を増やすための、ご協力よろしくお願いいたします。

株式会社Fam-Time CEO西村/CTO野間元/CMO滝村

 

FamCookの詳細/ダウンロードはこちら

AppStore、Google Play どちらからも無料ダウンロードできます。

詳細はこちら。

 

参加メリット/特典

・料理スキルがアップする。

・料理に必要な、旭化成ホームプロダクツ社商品の提供(ジップロック・コンテナ/ジップロック・フリーザーバッグ/サランラップ等)*送付するためにモニターされる方の住所をお聞きします。

・料理に関して不明な点があれば、専門家に直接質問ができる。

 

選べる4つのプラン

パパ料理スキルアッププログラムは、4つのプランがあります。
それぞれの料理スキルや、家庭のニーズに合わせて1つだけ選択ください。

1・作り置きプラン12月号(8名程度)
・保存や作り置きスキルの向上を目的としたプランです。休日にまとめて作ります。日常料理をしている方向けです。

2・離乳食プラン12月号(協力:エスキッチン)(5名程度)
・離乳食作りを学ぶことが出来るプランです。育児休暇を取得している、0歳児(離乳食初期~中期)の乳児の父親向けです。

3・献立プラン12月号(8名程度)
・料理が苦手でレパートリーが少ない方向けのプランです。料理をする意欲はあるものの、まだ日常的には行っていない父親向けです。同時に2~3品作ります。

4・スタートアッププラン12月号(8名程度)
・初心者向けでまずは1品だけ作りたい方向けのプランです。休日に作ることの出来るワンプレー料理など、自分で作って食べたくなる料理、簡単な酒の料理を学びます。

*食材は各自で購入/準備をお願いします。

 

登録の期間(いつまでに)

第1次募集 12月11日(水)中にお申込みください。

第2次募集 都度個別対応 *旭化成ホームプロダクツ社商品の送付はございません。

 

実施の期間/投稿いただきたい料理写真

期間:2019年12月16日(月)~2020年1月12日(日)まで

料理写真:5回の食事の機会に料理を作り写真を撮影してください

 

 

プログラムの進め方(概略)

1・FamCookをダウンロードしてアカウント登録してください。

2・FamCookでアカウント登録したメールアドレスで申し込みください。(「Facebookでログイン」された方は、Facebookに登録されたメールアドレスで申請ください)

3・事務局から、モニター参加メンバーとしての承諾メールを返信します。

4・旭化成ホームプロダクツの商品(希望者のみ)が自宅に届きます。

5・詳しい使い方はメールや、FamCookアプリよりプッシュ通知で、ご自身に届きます。

6・それぞれのプログラムに沿って、FamCookを活用して料理を作ります(

7・作った料理を、メールにて送信orFamCookアプリ経由で写真をSNS投稿してもらいます。

8・プログラム終了後、簡単なアンケートに答えていただきます。

 

プログラム申込方法(グーグルフォーム入力)

こちらからお申込みください(別ページに飛びます)

*5分程度で終わります。

 

本プログラムを通して、料理のスキルアップにつながることを願っています。

 

★本プログラムで不明な点は、問合せフォームからご連絡ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。